スポンサードサーチ

2007年09月15日

離乳食 下痢

離乳食 下痢


赤ちゃんが下痢になってしまいますと、本当にあせりますよね・・

下痢時の離乳食で、赤ちゃんにとっていちばん大切なのは「水分補給」です。

脱水症を避けることが第一です。

下痢の時の離乳食は、いつもより水分補給を意識して、乳児用イオン飲料、野菜スープ、果汁などをこまめにあげ、赤ちゃんがミネラルも補給できるようにしてあげましょう。白湯や麦茶も○です。

もちろん、下痢の症状によっては離乳食をいったんやめて、ミルクやおっぱいをあたえますが、あくまでも目安に過ぎません。

下痢の時の離乳食で判断に迷ったら、必ずお医者さんに相談しましょう。

離乳食のOKがでたら、離乳食のメニューにも工夫しながら離乳食のレシピを考えます。

赤ちゃんの胃腸はつかれているので消化によい食材を選んで調理しましょう。

例えば、おかゆ(お粥)やうどん、さつまいも、バナナなど消化の良いものを中心にメニューを考えます。

野菜、たんぱく質なら豆腐や白身魚がおすすめでよいでしょう。海草類、きのこ類など繊維の多い食材、脂肪分の多い肉や魚などは控えます

果物では、りんごがおすすめです。果汁も赤ちゃんの下痢の時の離乳食にお勧めですね。糖分や脂分の多いもの、柑橘類は下痢のときは相性が良くありません。

野菜を使って離乳食を作るレシピのポイントは、裏ごししてから野菜などを使うことです。

りんごやにんじんのすりおろしは、下痢の回復を早めるので、離乳食メニューに含めてくださいね。離乳食としてはヨーグルトも腸内の善玉菌を増やすので下痢からの回復にお勧めです♪

離乳食の進め方には、前期、中期、後期、完了期といった段階がありますけど、赤ちゃんが下痢の時は離乳食の形をひとつ前の段階に戻してあげるのもいいかもしれません。

後期→中期 中期→前期(開始時期) 完了期→中期 といった離乳食

その後体調をみながら出来るだけ早くいつもの離乳食に戻していきましょう☆


キューピーやピジョン、明治の離乳食もチェックして入ってくださいね♪
posted by 離乳食レシピ@初期後期 at 16:23| 離乳食 下痢・便秘・アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

簡単な離乳食のレシピ(メニュー、作り方)

簡単な離乳食のレシピ(メニュー、作り方)

離乳食の開始時期には悩みが満載ですよね。

そもその離乳食なんて作ったことないから、簡単な離乳食のレシピなんてわかんない!

離乳食の初期、中期、後期、完了期ってなに??

離乳食をたべない、なんで?

離乳食を冷凍保存しようとして、フリージングしたものを解凍してたべさせたら・・離乳食を食べない・涙

離乳食を食べるスプーンや食器を嫌がって食べない。

アレルギーやアトピーが不安。

ジャガイモやヨーグルトを食べさせたら、下痢になった・・。

とおもったら今度は便秘!?

などなど・・

赤ちゃんは全て同じじゃないので、経験豊富なお母さんでも悩みだらけでてんてこ舞いになりますよね。。

あせらず、ぼちぼちいきましょう☆


今日はまず、簡単な離乳食のレシピ(作り方、メニュー、献立)満載なお手ごろの1冊をご紹介します。

簡単に作れる離乳食の作り方レシピがたくさんあるので、メニューや献立えらびに大助かりですよ♪


   


簡単な離乳食のレシピ、例えばバナナやパン、納豆、牛乳、かぼちゃ、さつまいも、ヨーグルトをつかったお粥(お粥)や野菜スープなどバランスのよい、離乳食が毎日簡単に作れます♪

組み合わせ自由自在のカードブックなので、献立やメニューにも大助かり。

5〜6カ月の初期から、1歳〜1歳半の完了期まで4期に分け、それぞれに時期にふさわしい離乳食のメニューやレシピを328個も紹介してくれます☆


離乳食についての本を
準備の段階から呼んでおくというのもいいでしょうね。

他にも、

具体的な離乳食レシピ。ケーキやお菓子、卵や豆腐、果汁、例えば、キューピーやピジョン、明治の離乳食や、バナナやパン、納豆、牛乳、かぼちゃ、さつまいも、ヨーグルトをつかったお粥(お粥)や野菜スープ。レストランや旅行など赤ちゃんの離乳食にまつわる話題満載で行きたいと思いますので宜しくお願いします☆
posted by 離乳食レシピ@初期後期 at 07:00| 離乳食レシピ 初期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

離乳食に使う食器やスプーン

離乳食に使う食器やスプーン


かわいい赤ちゃんには離乳食に使う食器やスプーンもお洒落でかわいいのを使わせてあげたい☆

というのは、親御心ですよね・笑

でも、離乳食用のスプーンや食器の高いこと高いこと・泣

ぶっちゃけた話、

離乳食に使う食器やスプーンは100均(100円均一)でも十分かわいい食器やスプーンがそろいますよ☆

レストランや旅行に行った時には、食器やスプーンを持参していくのも一つの手です。

離乳食のメニュー、献立、レシピで食材やらなんやら悩みはつきませんが、せっかくなので、レシピも食材も食器も選ぶのを楽しんじゃいましょう!

離乳食の初期、中期、後期、完了期において、バナナやりんごなどの果汁がお勧めといいましたが、上手にカボチャやサツマイモを食べてもらうなら野菜スープもおすすめですよ♪

100円ショップで離乳食に使えるような食器を手に入れて、スプーンを自分でつかって食べる楽しさを教えてあげましょう。

最初は食器やスプーンにとまどって、色んな所が汚れちゃうのは仕方ありません。

離乳食をあげる場所、壊れにくい食器、怪我につながらないスプーンをえらんで、頑張って食べる赤ちゃんをこころからほめてあげてくださいね。

(赤ちゃんって本当にわかってくれますから♪)

当分に気をつけながら、ケーキ等のおやつ、豆腐や高野豆腐、完了期大人気のコーンフレーク、、とうもろこし などスプーンを使うのになれますのでチャレンジしてみてね。


どんな時も、便秘や下痢、アレルギー反応はないか、離乳食のレシピや作り方を工夫しながら観察してあげてくださいね。




でも育児って結構疲れます。そんな時にうれしいキューピーやピジョン、明治の離乳食。

具体的な離乳食レシピ。例えば、バナナやパン、納豆、牛乳、かぼちゃ、さつまいも、ヨーグルトをつかったお粥(お粥)や野菜スープ。

ケーキやお菓子、卵や豆腐、果汁、レストランや旅行など赤ちゃんの離乳食にまつわる悩みにもお答えしたいと思いますのでお楽しみに☆
posted by 離乳食レシピ@初期後期 at 07:00| 離乳食 食器・スプーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

離乳食の後期から完了期の進め方(離乳食レシピ)

離乳食の後期から完了期の進め方(離乳食レシピ)


先回のおさらい

離乳食の開始時期(初期から中期)の進め方

・母乳や粉ミルクをのんできた赤ちゃんの気持ちになる
・初期の簡単な離乳食レシピには果汁がお勧め
・パンやおかゆ(お粥)へとあわてない
・便秘や下痢に注意して、アレルギー反応にも気をつける

でしたね☆

離乳食の後期から完了期というのはだいたい
9ヶ月、10ヶ月、11ヶ月が後期で、1歳〜1歳半が完了期になります。

この離乳食の後期から完了期に気をつけたいのが「好き嫌い」です。

初期や開始時期でももちろんなんですが、3つごの魂も100まで、あとあとの好き嫌いをなくすためにも良く赤ちゃんの離乳食の食べ方を見守ってあげてください。

後期から完了期になると、噛むことに主眼を置いたメニューのために離乳食の作り方やレシピを工夫しましょう。

簡単離乳食レシピでも取り上げた、バナナやりんご、スイカやメロン、梨といった果汁からお粥(おかゆ)やパン粥にスイッチできますし、量だけでなく、大きさや硬さも工夫してあげましょう。


口でくちゅちゅっとかんであげたバナナや同じくさつまいも、桃やかぼちゃ、パンなども野菜と一緒にいいかもしれませんね。

食べやすいサイズにきってあげてみると、おっぱいがいらなくなるかもしれません。


豆腐やヨーグルト場合によっては納豆も赤ちゃんに食べさせてあげたいというお母さんもいらっしゃいますが、乳糖不耐症や下痢には気をつけてくださいね。


後期も終わり完了期に入ると、牛乳も飲めるはずです。

塩分とアレルギー食品に気をつけながら、普通の食べ物やちょっとした揚げ物にもじょじょに慣れさせてあげましょう☆


どんな時も、便秘や下痢、アレルギー反応はないか、離乳食のレシピや作り方を工夫しながら観察してあげてくださいね。

更新は不定期ですが、

具体的な離乳食レシピ。例えば、キューピーやピジョン、明治の離乳食や、バナナやパン、納豆、牛乳、かぼちゃ、さつまいも、ヨーグルトをつかったお粥(お粥)や野菜スープ。ケーキやお菓子、卵や豆腐、果汁、レストランや旅行など赤ちゃんの離乳食にまつわる悩みにもお答えしたいと思います☆
posted by 離乳食レシピ@初期後期 at 07:00| 離乳食作り方 後期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

簡単な離乳食の作り方(レシピ)

簡単な離乳食の作り方(レシピ)。


離乳食のレシピといっても初期と、中期、後期、完了期でそれぞれ進め方が違いますよね。

今回の簡単☆離乳食は初期と中期の赤ちゃんに喜ばれる簡単な離乳食レシピです。

赤ちゃんは離乳食を食べる前は、ずっとお母さんの母乳か粉ミルクが自分のご飯だと思っています。

なので、赤ちゃんに急に離乳食を食べさせようとしても、離乳食のレシピをどんなに工夫しても、赤ちゃんにとって離乳食が「まんま」なんだと思ってもらわないことには、離乳食の進め方はじまりません。


それで、簡単な離乳食レシピ(初期、中期)をつかってまずは離乳食を「噛む」とはどういうことなのか、母乳や粉ミルク以外にも世の中にはおいしい食べ物がたくさんあるのだということを赤ちゃんに教えてあげましょう。


簡単な離乳食レシピ(初期、中期)の進め方でまずお勧めなのは、果汁(じょじょにすりおろし)です。

果汁は甘くおいしいため、赤ちゃんも大喜び☆
最初は果汁を離乳食としてあげ、なれて来たらバナナやりんご、メロンやすいかといった果物を果汁と一緒にあげてみましょう。

これを応用していくと、簡単な離乳食レシピ(初期、中期)では、果汁からトマトジュース。

更に応用して、蒸しパンを果汁に浸したり、牛乳を使ったパン粥やヨーグルトも挑戦して言ってみてくださいね。

ポイントは少しつづ、その果汁の中に噛む食べ物を混ぜていくことです

簡単な離乳食レシピ(初期、中期)の進め方でのポイントは、赤ちゃんの便にもよく注意を払うことです。

離乳食で、便秘や下痢になっていないか、アレルギー反応はないかよーくチェックしましょう☆


ひじきやとうもろこし、納豆、牛乳、かぼちゃ、さつまいも、などのお粥(お粥)や野菜スープ、ケーキやお菓子、卵や豆腐・・とついついあせりますが、赤ちゃんの気持ちになって簡単な離乳食レシピ(初期、中期)を進めて行ってくださいね☆


初期にピッタリの簡単離乳食レシピをはじめ、

簡単な離乳食レシピ:初期、中期、後期、完了期、食べない時の進め方や、アレルギー対策を意識した離乳食の簡単レシピやメニューの作り方、量、食器やフリージングによる冷凍も紹介していきますのでどうぞお楽しみに☆

posted by 離乳食レシピ@初期後期 at 10:53| 離乳食レシピ 初期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

離乳食を食べない理由

離乳食を「食べない」時

離乳食の初期中期、後期完了期に関係なく、絶えずお母さんたちを悩ませるのが、

赤ちゃんが離乳食を食べない ではないでしょうか?

離乳食を食べない といってもただ単に離乳食のレシピやメニューにあるのではなく、赤ちゃんによって理由は様々です。

例えば、単に少食で食べない、食べムラ、遊び食べ・・といった具合です。

離乳食に関する悩みって進め方だけでなく食べないとなると本当につきませんね・汗



確かに、離乳食の初期はなかなか食べ始めない時になります。どんなにすすめても離乳食よりもおっぱいを欲しがる。

離乳食初期はもちろんのこと、中期や、後期(1歳前後)、完了期でもあるとき急にたべない赤ちゃんが出てきます。


離乳食を食べないのに元気に動き回る



体重が減ってしまう



むりやり離乳食を食べさせようとする



離乳食を食べないので親はどんどん心配になる・・・。

といった具合です。

まずは、食べない理由がどこにあるのかが第一歩だと思います。

まだお腹がすいていないから離乳食を食べない。
食事やイス、スプーンやフォークに慣れてなくて食べるどころじゃない
お母さんのあせりが赤ちゃんにプレッシャーになっている
味、食べ物の固さ、口の中に残るのを嫌で食べない(離乳食レシピ)


いかがでしょうか?

赤ちゃんが離乳食を食べない理由で思い当たるのはありませんか?

ついつい親の目線で見てしまいますが、まずいちど赤ちゃんの視点で「まんま」を見てみるのも、離乳食の上手な進め方のポイントですよ☆


具体的な離乳食レシピ。例えば、キューピーやピジョン、明治の離乳食や、バナナやパン、納豆、牛乳、かぼちゃ、さつまいも、ヨーグルトをつかったお粥(お粥)や野菜スープ。ケーキやお菓子、卵や豆腐、果汁、レストランや旅行など赤ちゃんの離乳食にまつわる話題満載で行きたいと思いますので宜しくお願いします☆
posted by 離乳食レシピ@初期後期 at 16:07| 離乳食の進め方、食べない時 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

離乳食の進め方 初期の見分け方

離乳食の進め方 初期の見分け方(5〜6ヶ月)


初めての赤ちゃんってすべてが、お母さんも赤ちゃんもはじめてですよね。

離乳食の進め方

離乳食 初期:ゴックン期 (5〜6ヶ月


授乳の間隔がほぼ決まって、赤ちゃんが食べたそうなしぐさを見せたら、そろそろ離乳食の開始時期です。

赤ちゃんによって個人差はありますが、離乳食の進め方としては、初期は、5カ月から始めるのがひとつの目安です。

なぜ離乳食の初期は5ヶ月くらいかといいますと、離乳食の開始が早すぎると、赤ちゃんの成長が追いつかず受け入れ態勢ができないことがあります。

すると離乳食からアレルギーを起こしやすくなってしまいます。

もちろん逆もしかり、遅すぎると赤ちゃんの成長に栄養が間に合わなくなってしまいます。かむ力も鍛えてあげたいですしね☆

それで、離乳食の進め方の第一歩として、離乳食の開始時期は

ほぼ5ヶ月(早くても4カ月過ぎ、遅くとも6カ月まで)

には始めましょう。


初期にピッタリの簡単離乳食レシピをはじめ、

離乳食レシピ:初期、中期、後期、完了期、食べない時の進め方や、アレルギー対策を意識した離乳食の簡単レシピやメニューの作り方、量、食器やフリージングによる冷凍も紹介していきますのでどうぞお楽しみに☆

posted by 離乳食レシピ@初期後期 at 12:28| 離乳食の進め方、食べない時 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。